今年の風邪の症状の特徴について

毎年、気温の低下と共に風邪が本格的に流行する季節がやってきます。
咳や喉の痛み、それに加えて頭痛や発熱などつらい症状に悩まされることなく、厳しい時期を乗り越えたいとおもいますが、今年はどの様な特徴の風邪なのでしょうか。
今年の風邪は、長引く喉の違和感を伴うことが多い事が特徴です。特に、イガイガするような喉の痛みを感じたら、早めに対処したほうが良いでしょう。
また、喉の痛みに伴い、38℃や39℃の高熱になることも珍しくありません。熱が高くなると関節痛などの症状も無視できないので、適切な対処が必要です。
また、この症状はインフルエンザの症状とも似ています。
そのため、ただの風邪だろうと油断していたら実はインフルエンザにかかっていたというリスクも否定できないのです。
最初風邪だと思っていても、2,3日たっても症状が緩和されない場合は、医療機関に受診した方が良いです。
また、もう一点、今年の風邪は、鼻の不快感にも注意が必要となるでしょう。
秋から冬、冬から春などの季節の変わり目は、気温の変化が大きいことなどから、風邪をひいてしまうリスクが高い時期となります。
この時期は風邪といっても、特に、いわゆる鼻風邪に注意が必要です。
鼻詰まりやくしゃみなどは風邪の初期症状です。しかしこの初期症状が、花粉症等のアレルギー症状と似ている事から、自分が風邪を引いていることに気付かないまま症状が進行する恐れもあります。くれぐれも注意する必要があります。ヒートスリムの口コミはどうなの?